乾燥肌・荒れ性に竹塩石鹸

韓国コスメが流行っています。効果的なのに、お値段がリーズナブルということで、魅力になっているようです。

竹塩石鹸黄土石鹸を使う日本人も増えてきました。

乾燥肌荒れ性によいのは、竹塩石鹸のほうです。間違えないようにしましょう。
 
竹塩石鹸(6個入り)  ◆人気商品・ご贈答用にも最適・荒れ性の肌に合います 〔開岩.韓国石鹸,韓国コスメ,韓国化粧品〕【韓国を紹介するお店】竹塩石鹸(6個入り)  ◆人気商品・ご贈...
4,900円
荒れ性または乾燥の肌に合います  〔開岩.韓国石鹸,韓

Ads by 電脳卸

天然成分から作られ、多くのミネラルを含んでいるのが特長です。
竹塩石鹸だと、洗顔後のツッパリ感がなく、お肌がしっとりすると好評のようです。

なお、肌が乾燥しているときには、熱いお湯の洗顔は避けないといけません。
お湯を使っても、仕上げにひんやりする程度のぬるま湯(20度)で、肌の毛穴を引き締めて終わらせるといいですね。

乾燥肌に効く入浴剤

乾燥肌が気になるのはやはり冬の季節ですが、冬にスキンケアをする上で一番効果的なのは入浴中と入浴直後ですね。

入浴中に気をつけることは、ボディーソープやシャンプーなどの洗浄剤を使うことによって、脂を取りすぎたり皮膚に刺激を与えすぎたりしないことです。

湯船につかる時に水道水の塩素を中和するビタミンCを入浴剤として入れたり、肌への保湿となる成分を配合した入浴剤を入れたりするのも乾燥肌への対策になります。

ただし、入浴剤が原因で、かえって乾燥肌が悪化するケースもありますので注意が必要です。

各家庭でお気に入りの入浴剤はたいてい決まってしまっていることが多いかもしれませんが、入浴剤の成分が自分の肌に合っているか確認してください。ピリピリと刺激になってしまうような場合は、肌に負担がかかりますので、違う入浴剤を試してみましょう。

液の殺菌・消臭効果により、体を清潔にしてくれるという「木酢液(もくさくえき)」や「竹酢液(ちくさくえき)」が、最近では好評のようです。乾燥肌で皮膚表面が相当弱っているようなときには良いかもしれませんので、一度試してみてください。

ただし、酢のニオイがすごいです。嫌いなのに無理することはありません。お風呂はくつろぐ場所ですから、ニオイが嫌なのに使っているとストレスがたまって、肌にも逆効果です。抵抗がない、むしろいいニオイだと感じる方だけ使うといいでしょう。

やはり、ゆず湯とかみかん湯もいいですね。柑橘類の皮はいいニオイを発して、心も体もリラックスできます。柑橘類の皮は、入浴剤として使えるだけでなく、体をこすったり風呂場の汚れを落としたりと色々使えますしね。

超乾燥肌の人の対策

超乾燥肌ってあるんですね。

超乾燥肌の人の場合、
きちんと保湿してあげないと、一年中粉ふいてざらざらしているそうです。

特に秋からがひどいらしいです。

一日何回か水分補給して保護しないと、あっという間に皮膚が剥がれたり痒くなってかきむしってしまいます。

超乾燥肌はとにかく保湿が大切です。肌の内部に水分を保つ事ができていないのですから。

保湿効果の高いヒアルロン酸入りのものがお勧めですね。

食べ物も大切です。

食品は、できるだけ無添加のものにして、体の負担を減らします。

ファーストフードやスナック菓子のような高脂質・高カロリーな食品は肌の負担を大きくします。

和食中心にすると自然と脂肪と糖分の取り過ぎを防ぐ事ができて、お肌の健康にもとても良いです。

十分な睡眠も大事ですね。

夜10時以降がお肌の再生時間です。
しっかり保湿して、十分な睡眠を取ると、翌朝には、目に見えた効果が実感できます。

自分の肌に合った化粧品や保護クリームを発見できたら一番いいですね。


アトピーと乾燥肌

アトピーの方や身内にアトピーの方がいる方は、ご存知とは思いますが、アトピー乾燥肌は実に関係が深いです。
アトピーとは無関係と思っている人も中にはいらっしゃいますので、この際、関連性のあるものと覚えておきましょう。
インターネットが普及していないころは、子供がアトピーだと診断されると、病気の意味があまり分からず、あたふたとして、途方にくれた人も多いでしょう。

アトピーは遺伝による部分も大きいようです。
夫婦やその両親に、乾燥肌アトピー症の方、アレルギー症の方はいませんか。

アレルギー症状と言うのは体の弱い部分にでますので、乾燥肌という弱い部分に出ると「アトピー」となって現れることもあるようです。

アトピー対策の基本はスキンケアです。もちろん食べ物も同時に気をつけなくてはいけません。特に、油分、糖分の組み合わせは大敵です。

乾燥した肌から、アレルゲンが進入して反応するのを防ぐため、肌の乾燥具合をこまめにケアします。

不潔になっている部分は汚れ自体が刺激になったり細菌が繁殖したりしてしまうので、皮膚を清潔に保つことも重要です。

アトピー症状が悪化してしまった場合には、ステロイドという薬が必要になりますが、普段のスキンケア次第で、薬を使う頻度を大幅に減らすことができます。

スキンケアを頑張れば、ステロイドなしで乗り越えられる場合もあります。

薬の使用も大切ですが、スキンケアに励むことも、それ以上に大切です。

子供が痒がって寝られないとか、引っかき傷が堪えないなどの状態の場合は、薬に頼らざるを得ません。しかし、皮膚を傷つける心配がないときは、スキンケアを徹底することで改善することもあるようです。

お医者様とよく相談して、お薬とスキンケアをうまく併用して、対応しましょう。

幼児や赤ちゃんのアトピーの場合は、お医者さんのお薬も大切ですが、おかあさんのスキンケアと観察力はもっと大切かもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。