乾燥肌と洗顔

朝起きると洗顔する人が大部分だと思いますが、乾燥肌の人は十分気をつけてください。
無造作に、その辺の石鹸でごしごしやるのは肌をいためる可能性もありますし、保湿に役立つ肌表面の皮脂を全部洗い流してしまい、乾燥肌の症状を一層進行させてしまう場合があります。

朝の洗顔は、寝ている間に分泌された皮脂などの油分、ホコリを綺麗に落とせればよいのです。
ですから洗顔料で無理に落とさずに、水でそっと洗ってあげるだけで十分です。

洗顔料の多くは、肌を構成している脂質まで取り込んで洗ってしまいます。
コレによって、肌のターンオーバーに狂いが生じてしまいます。
角質が自然に剥がれ落ちるのを待たずに洗顔料で無理に洗い落としてしまうと、まだ未熟な状態の角質層が表に出てきます。
肌表面がまだ未熟な状態でむき出しになってしまうのです。
これでは乾燥肌が進行してしまいます。

一時期ピーリングがブームになったことがあります。
めがね拭きで顔をこすると、驚くほど肌がつるつるスベスベになるので、やっている人も少なからずいたようです。
肌質にもよりますが、乾燥肌の人がやると致命的になります。
無理に肌の表面にあるものをはがすのはよくありません。

しかし、女性の方の夜の洗顔では、一日の汚れやメイク、メイククレンジングをしっかりと落とすためにも洗顔料を使用した方が良いようです。
ただ長い時間洗えばいいと言うものではありません。できるだけ最短時間で洗顔を済ませるようにするのがポイントです。
ただし、洗顔直後から皮膚からの水分蒸発が始まっていますので、洗顔をした後には、保湿するケアを忘れないようにしないといけません。

お肌のお手入れの基本はまず「正しい洗顔」ですから、特に乾燥肌の人は配慮しましょう。肌がもともと持っている保湿成分、皮脂などは、洗顔料などで分解して完全に落とす必要はありません。

乾燥肌の人は、洗顔料でごしごしやらずに、できるだけ、水だけで洗顔して、皮脂をいくらか残しておくことが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。