乾燥肌とサプリメント

乾燥肌は外側からケアするだけでいいのでしょうか。確かに、お肌のケアは大切ですが、乾燥肌の原因が内面的なものだとしたら、「内側からケア」することも必要になってきます。

一般的には、良く知られているコラーゲンヒアルロン酸の摂取が考えられますね。
叶姉妹が、毎週すっぽん鍋を1回は食べるというのは有名な話です。すっぽんにはコラーゲンが多く含まれているからですね。ヒアルロン酸を肌に直接注射すると、肌がもちもちのつやつやになることも良く知られています。

赤ちゃんの肌は、なぜ、モチモチとして吸い付くようなのでしょうか。
それは、コラーゲンヒアルロン酸エラスチングルコサミンコンドロイチン硫酸などのムコ多糖体と呼ばれる保湿成分を十分に備えているからです。
しかし、20歳代をピークに、加齢とともに、こうした大事な保湿成分や皮脂はどんどん減って行ってしまい、高齢化するとどうしてもかさかさの乾燥肌になってしまいます。

これら重要な成分を補給するのに簡単な方法として、サプリメントの摂取があります。
コラーゲンだけを摂取しても、ヒアルロン酸などのムコ多糖体と呼ばれる保湿成分が不足していると水分維持した若い肌が保てません。
ですので、サプリメントを摂取するのであれば、ヒアルロン酸コラーゲンを一緒に取ることが効果的です。

あとは補足的に以下のような成分が含まれているとさらに効果が高まると予想されます。ただし、サプリメントは食品であって、薬剤ではありませんので、効果には個人差があります。必ず効果が現れるものではありませんので、ご注意下さい。
●「セラミド
  肌の潤いを守る成分です。
  肌の乾燥、や肌荒れ、アトピー性皮膚炎などは、セラミドが減少することが原因と言われています。
●「コエンザイムQ10
  抗酸化・アンチエイジングの美容成分です。
  活性酸素を防止する抗酸化力があり、不足すると、シワやシミなどの老化を引き起こす原因にもなります。
●「アスタキサンチン
  肌を紫外線から守ります。
  紫外線は乾燥肌の大敵です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。