乾燥肌とコラーゲン

最近は、多くの化粧品にコラーゲンが含まれているようです。これは、保湿成分としてコラーゲンに効果があるとされているからです。

コラーゲンは私たちの体内の至るところ、皮膚、筋肉、骨、目、髪、爪、血管、歯などに含まれているタンパク質の1種です。
体全体の5%がコラーゲンでできていると言われ、肌の内側の「真皮」と呼ばれる部分では70%がコラーゲンだそうです。

乾燥肌というのは、様々な成分が不足した結果ですが、特にコラーゲンヒアルロン酸が不可欠な成分です。

このコラーゲンの安定を保つために、ビタミンCが重要な働きをするそうです。

「お肌にはビタミンCを」という言葉がコマーシャルなどでよく耳にしますが、それはお肌に重要なコラーゲンを活性化するためなのです。

コラーゲンが不足すると、乾燥肌だけでなく、しみ、シワ、さらには関節痛の原因にまでなると言われています。

コラーゲンを多く含む食品には、ゼラチン、牛筋、 軟骨唐揚げ、鶏皮、 魚皮、 ふかひれ、エイひれなどがあります。


特に高級食材であるフカヒレには良質なコラーゲンが多く含まれているようです。

豚足、牛筋、魚の尾や頭などドロっとした部分にも多く含まれており、ラーメンのスープを取る時に煮込んで「コラーゲンたっぷりのスープ」などを売りにしているお店もたまに見かけます。

コラーゲンは水に溶けやすい性質のため、ラーメンスープやフカヒレスープなど、スープでの調理にいいですね。

またコラーゲンサプリメントとしても売っていますので、普段の食生活ではコラーゲンが不足しがちだと思う人は、サプリメントで手軽に補給することで、乾燥肌対策をするといいかもしれません。

しかし、一方で、「そもそもタンパク質をはじめとした栄養を含む食品類をバランスよく摂っていればコラーゲンの摂取量が不足することはないので、健康食品(サプリメント)で補う意義は乏しい」という見解もあり、サプリメントに頼りすぎても良くないかもしれません。

冷房や暖房などで長時間過ごすと、肌が乾燥してしまいますので、肌トラブルにならないように、女性だけでなく、男性も保湿に気をつけた方が良いでしょう。

タグ:乾燥肌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。