アトピーと乾燥肌

アトピーの方や身内にアトピーの方がいる方は、ご存知とは思いますが、アトピー乾燥肌は実に関係が深いです。
アトピーとは無関係と思っている人も中にはいらっしゃいますので、この際、関連性のあるものと覚えておきましょう。
インターネットが普及していないころは、子供がアトピーだと診断されると、病気の意味があまり分からず、あたふたとして、途方にくれた人も多いでしょう。

アトピーは遺伝による部分も大きいようです。
夫婦やその両親に、乾燥肌アトピー症の方、アレルギー症の方はいませんか。

アレルギー症状と言うのは体の弱い部分にでますので、乾燥肌という弱い部分に出ると「アトピー」となって現れることもあるようです。

アトピー対策の基本はスキンケアです。もちろん食べ物も同時に気をつけなくてはいけません。特に、油分、糖分の組み合わせは大敵です。

乾燥した肌から、アレルゲンが進入して反応するのを防ぐため、肌の乾燥具合をこまめにケアします。

不潔になっている部分は汚れ自体が刺激になったり細菌が繁殖したりしてしまうので、皮膚を清潔に保つことも重要です。

アトピー症状が悪化してしまった場合には、ステロイドという薬が必要になりますが、普段のスキンケア次第で、薬を使う頻度を大幅に減らすことができます。

スキンケアを頑張れば、ステロイドなしで乗り越えられる場合もあります。

薬の使用も大切ですが、スキンケアに励むことも、それ以上に大切です。

子供が痒がって寝られないとか、引っかき傷が堪えないなどの状態の場合は、薬に頼らざるを得ません。しかし、皮膚を傷つける心配がないときは、スキンケアを徹底することで改善することもあるようです。

お医者様とよく相談して、お薬とスキンケアをうまく併用して、対応しましょう。

幼児や赤ちゃんのアトピーの場合は、お医者さんのお薬も大切ですが、おかあさんのスキンケアと観察力はもっと大切かもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。