乾燥肌に効く入浴剤

乾燥肌が気になるのはやはり冬の季節ですが、冬にスキンケアをする上で一番効果的なのは入浴中と入浴直後ですね。

入浴中に気をつけることは、ボディーソープやシャンプーなどの洗浄剤を使うことによって、脂を取りすぎたり皮膚に刺激を与えすぎたりしないことです。

湯船につかる時に水道水の塩素を中和するビタミンCを入浴剤として入れたり、肌への保湿となる成分を配合した入浴剤を入れたりするのも乾燥肌への対策になります。

ただし、入浴剤が原因で、かえって乾燥肌が悪化するケースもありますので注意が必要です。

各家庭でお気に入りの入浴剤はたいてい決まってしまっていることが多いかもしれませんが、入浴剤の成分が自分の肌に合っているか確認してください。ピリピリと刺激になってしまうような場合は、肌に負担がかかりますので、違う入浴剤を試してみましょう。

液の殺菌・消臭効果により、体を清潔にしてくれるという「木酢液(もくさくえき)」や「竹酢液(ちくさくえき)」が、最近では好評のようです。乾燥肌で皮膚表面が相当弱っているようなときには良いかもしれませんので、一度試してみてください。

ただし、酢のニオイがすごいです。嫌いなのに無理することはありません。お風呂はくつろぐ場所ですから、ニオイが嫌なのに使っているとストレスがたまって、肌にも逆効果です。抵抗がない、むしろいいニオイだと感じる方だけ使うといいでしょう。

やはり、ゆず湯とかみかん湯もいいですね。柑橘類の皮はいいニオイを発して、心も体もリラックスできます。柑橘類の皮は、入浴剤として使えるだけでなく、体をこすったり風呂場の汚れを落としたりと色々使えますしね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。