乾燥肌・荒れ性に竹塩石鹸

韓国コスメが流行っています。効果的なのに、お値段がリーズナブルということで、魅力になっているようです。

竹塩石鹸黄土石鹸を使う日本人も増えてきました。

乾燥肌荒れ性によいのは、竹塩石鹸のほうです。間違えないようにしましょう。
 
竹塩石鹸(6個入り)  ◆人気商品・ご贈答用にも最適・荒れ性の肌に合います 〔開岩.韓国石鹸,韓国コスメ,韓国化粧品〕【韓国を紹介するお店】竹塩石鹸(6個入り)  ◆人気商品・ご贈...
4,900円
荒れ性または乾燥の肌に合います  〔開岩.韓国石鹸,韓

Ads by 電脳卸

天然成分から作られ、多くのミネラルを含んでいるのが特長です。
竹塩石鹸だと、洗顔後のツッパリ感がなく、お肌がしっとりすると好評のようです。

なお、肌が乾燥しているときには、熱いお湯の洗顔は避けないといけません。
お湯を使っても、仕上げにひんやりする程度のぬるま湯(20度)で、肌の毛穴を引き締めて終わらせるといいですね。

乾燥肌に効く入浴剤

乾燥肌が気になるのはやはり冬の季節ですが、冬にスキンケアをする上で一番効果的なのは入浴中と入浴直後ですね。

入浴中に気をつけることは、ボディーソープやシャンプーなどの洗浄剤を使うことによって、脂を取りすぎたり皮膚に刺激を与えすぎたりしないことです。

湯船につかる時に水道水の塩素を中和するビタミンCを入浴剤として入れたり、肌への保湿となる成分を配合した入浴剤を入れたりするのも乾燥肌への対策になります。

ただし、入浴剤が原因で、かえって乾燥肌が悪化するケースもありますので注意が必要です。

各家庭でお気に入りの入浴剤はたいてい決まってしまっていることが多いかもしれませんが、入浴剤の成分が自分の肌に合っているか確認してください。ピリピリと刺激になってしまうような場合は、肌に負担がかかりますので、違う入浴剤を試してみましょう。

液の殺菌・消臭効果により、体を清潔にしてくれるという「木酢液(もくさくえき)」や「竹酢液(ちくさくえき)」が、最近では好評のようです。乾燥肌で皮膚表面が相当弱っているようなときには良いかもしれませんので、一度試してみてください。

ただし、酢のニオイがすごいです。嫌いなのに無理することはありません。お風呂はくつろぐ場所ですから、ニオイが嫌なのに使っているとストレスがたまって、肌にも逆効果です。抵抗がない、むしろいいニオイだと感じる方だけ使うといいでしょう。

やはり、ゆず湯とかみかん湯もいいですね。柑橘類の皮はいいニオイを発して、心も体もリラックスできます。柑橘類の皮は、入浴剤として使えるだけでなく、体をこすったり風呂場の汚れを落としたりと色々使えますしね。

超乾燥肌の人の対策

超乾燥肌ってあるんですね。

超乾燥肌の人の場合、
きちんと保湿してあげないと、一年中粉ふいてざらざらしているそうです。

特に秋からがひどいらしいです。

一日何回か水分補給して保護しないと、あっという間に皮膚が剥がれたり痒くなってかきむしってしまいます。

超乾燥肌はとにかく保湿が大切です。肌の内部に水分を保つ事ができていないのですから。

保湿効果の高いヒアルロン酸入りのものがお勧めですね。

食べ物も大切です。

食品は、できるだけ無添加のものにして、体の負担を減らします。

ファーストフードやスナック菓子のような高脂質・高カロリーな食品は肌の負担を大きくします。

和食中心にすると自然と脂肪と糖分の取り過ぎを防ぐ事ができて、お肌の健康にもとても良いです。

十分な睡眠も大事ですね。

夜10時以降がお肌の再生時間です。
しっかり保湿して、十分な睡眠を取ると、翌朝には、目に見えた効果が実感できます。

自分の肌に合った化粧品や保護クリームを発見できたら一番いいですね。


アトピーと乾燥肌

アトピーの方や身内にアトピーの方がいる方は、ご存知とは思いますが、アトピー乾燥肌は実に関係が深いです。
アトピーとは無関係と思っている人も中にはいらっしゃいますので、この際、関連性のあるものと覚えておきましょう。
インターネットが普及していないころは、子供がアトピーだと診断されると、病気の意味があまり分からず、あたふたとして、途方にくれた人も多いでしょう。

アトピーは遺伝による部分も大きいようです。
夫婦やその両親に、乾燥肌アトピー症の方、アレルギー症の方はいませんか。

アレルギー症状と言うのは体の弱い部分にでますので、乾燥肌という弱い部分に出ると「アトピー」となって現れることもあるようです。

アトピー対策の基本はスキンケアです。もちろん食べ物も同時に気をつけなくてはいけません。特に、油分、糖分の組み合わせは大敵です。

乾燥した肌から、アレルゲンが進入して反応するのを防ぐため、肌の乾燥具合をこまめにケアします。

不潔になっている部分は汚れ自体が刺激になったり細菌が繁殖したりしてしまうので、皮膚を清潔に保つことも重要です。

アトピー症状が悪化してしまった場合には、ステロイドという薬が必要になりますが、普段のスキンケア次第で、薬を使う頻度を大幅に減らすことができます。

スキンケアを頑張れば、ステロイドなしで乗り越えられる場合もあります。

薬の使用も大切ですが、スキンケアに励むことも、それ以上に大切です。

子供が痒がって寝られないとか、引っかき傷が堪えないなどの状態の場合は、薬に頼らざるを得ません。しかし、皮膚を傷つける心配がないときは、スキンケアを徹底することで改善することもあるようです。

お医者様とよく相談して、お薬とスキンケアをうまく併用して、対応しましょう。

幼児や赤ちゃんのアトピーの場合は、お医者さんのお薬も大切ですが、おかあさんのスキンケアと観察力はもっと大切かもしれません。

乾燥肌とコラーゲン

最近は、多くの化粧品にコラーゲンが含まれているようです。これは、保湿成分としてコラーゲンに効果があるとされているからです。

コラーゲンは私たちの体内の至るところ、皮膚、筋肉、骨、目、髪、爪、血管、歯などに含まれているタンパク質の1種です。
体全体の5%がコラーゲンでできていると言われ、肌の内側の「真皮」と呼ばれる部分では70%がコラーゲンだそうです。

乾燥肌というのは、様々な成分が不足した結果ですが、特にコラーゲンヒアルロン酸が不可欠な成分です。

このコラーゲンの安定を保つために、ビタミンCが重要な働きをするそうです。

「お肌にはビタミンCを」という言葉がコマーシャルなどでよく耳にしますが、それはお肌に重要なコラーゲンを活性化するためなのです。

コラーゲンが不足すると、乾燥肌だけでなく、しみ、シワ、さらには関節痛の原因にまでなると言われています。

コラーゲンを多く含む食品には、ゼラチン、牛筋、 軟骨唐揚げ、鶏皮、 魚皮、 ふかひれ、エイひれなどがあります。


特に高級食材であるフカヒレには良質なコラーゲンが多く含まれているようです。

豚足、牛筋、魚の尾や頭などドロっとした部分にも多く含まれており、ラーメンのスープを取る時に煮込んで「コラーゲンたっぷりのスープ」などを売りにしているお店もたまに見かけます。

コラーゲンは水に溶けやすい性質のため、ラーメンスープやフカヒレスープなど、スープでの調理にいいですね。

またコラーゲンサプリメントとしても売っていますので、普段の食生活ではコラーゲンが不足しがちだと思う人は、サプリメントで手軽に補給することで、乾燥肌対策をするといいかもしれません。

しかし、一方で、「そもそもタンパク質をはじめとした栄養を含む食品類をバランスよく摂っていればコラーゲンの摂取量が不足することはないので、健康食品(サプリメント)で補う意義は乏しい」という見解もあり、サプリメントに頼りすぎても良くないかもしれません。

冷房や暖房などで長時間過ごすと、肌が乾燥してしまいますので、肌トラブルにならないように、女性だけでなく、男性も保湿に気をつけた方が良いでしょう。

タグ:乾燥肌

乾燥肌とサプリメント

乾燥肌は外側からケアするだけでいいのでしょうか。確かに、お肌のケアは大切ですが、乾燥肌の原因が内面的なものだとしたら、「内側からケア」することも必要になってきます。

一般的には、良く知られているコラーゲンヒアルロン酸の摂取が考えられますね。
叶姉妹が、毎週すっぽん鍋を1回は食べるというのは有名な話です。すっぽんにはコラーゲンが多く含まれているからですね。ヒアルロン酸を肌に直接注射すると、肌がもちもちのつやつやになることも良く知られています。

赤ちゃんの肌は、なぜ、モチモチとして吸い付くようなのでしょうか。
それは、コラーゲンヒアルロン酸エラスチングルコサミンコンドロイチン硫酸などのムコ多糖体と呼ばれる保湿成分を十分に備えているからです。
しかし、20歳代をピークに、加齢とともに、こうした大事な保湿成分や皮脂はどんどん減って行ってしまい、高齢化するとどうしてもかさかさの乾燥肌になってしまいます。

これら重要な成分を補給するのに簡単な方法として、サプリメントの摂取があります。
コラーゲンだけを摂取しても、ヒアルロン酸などのムコ多糖体と呼ばれる保湿成分が不足していると水分維持した若い肌が保てません。
ですので、サプリメントを摂取するのであれば、ヒアルロン酸コラーゲンを一緒に取ることが効果的です。

あとは補足的に以下のような成分が含まれているとさらに効果が高まると予想されます。ただし、サプリメントは食品であって、薬剤ではありませんので、効果には個人差があります。必ず効果が現れるものではありませんので、ご注意下さい。
●「セラミド
  肌の潤いを守る成分です。
  肌の乾燥、や肌荒れ、アトピー性皮膚炎などは、セラミドが減少することが原因と言われています。
●「コエンザイムQ10
  抗酸化・アンチエイジングの美容成分です。
  活性酸素を防止する抗酸化力があり、不足すると、シワやシミなどの老化を引き起こす原因にもなります。
●「アスタキサンチン
  肌を紫外線から守ります。
  紫外線は乾燥肌の大敵です。

乾燥肌と洗顔

朝起きると洗顔する人が大部分だと思いますが、乾燥肌の人は十分気をつけてください。
無造作に、その辺の石鹸でごしごしやるのは肌をいためる可能性もありますし、保湿に役立つ肌表面の皮脂を全部洗い流してしまい、乾燥肌の症状を一層進行させてしまう場合があります。

朝の洗顔は、寝ている間に分泌された皮脂などの油分、ホコリを綺麗に落とせればよいのです。
ですから洗顔料で無理に落とさずに、水でそっと洗ってあげるだけで十分です。

洗顔料の多くは、肌を構成している脂質まで取り込んで洗ってしまいます。
コレによって、肌のターンオーバーに狂いが生じてしまいます。
角質が自然に剥がれ落ちるのを待たずに洗顔料で無理に洗い落としてしまうと、まだ未熟な状態の角質層が表に出てきます。
肌表面がまだ未熟な状態でむき出しになってしまうのです。
これでは乾燥肌が進行してしまいます。

一時期ピーリングがブームになったことがあります。
めがね拭きで顔をこすると、驚くほど肌がつるつるスベスベになるので、やっている人も少なからずいたようです。
肌質にもよりますが、乾燥肌の人がやると致命的になります。
無理に肌の表面にあるものをはがすのはよくありません。

しかし、女性の方の夜の洗顔では、一日の汚れやメイク、メイククレンジングをしっかりと落とすためにも洗顔料を使用した方が良いようです。
ただ長い時間洗えばいいと言うものではありません。できるだけ最短時間で洗顔を済ませるようにするのがポイントです。
ただし、洗顔直後から皮膚からの水分蒸発が始まっていますので、洗顔をした後には、保湿するケアを忘れないようにしないといけません。

お肌のお手入れの基本はまず「正しい洗顔」ですから、特に乾燥肌の人は配慮しましょう。肌がもともと持っている保湿成分、皮脂などは、洗顔料などで分解して完全に落とす必要はありません。

乾燥肌の人は、洗顔料でごしごしやらずに、できるだけ、水だけで洗顔して、皮脂をいくらか残しておくことが大切です。

乾燥肌と対策

冬になると、空気が乾燥してきます。
空気が乾燥すると、お肌も乾いてしまいます。
乾くとシワが増えたり弾力がなくなってたるんだり、お肌の老化を実感してしまいます。

最近は男性でも、乾燥肌の人は、冬になるとお肌のお手入れに気を使っているといいます。
一方、脂性の肌の人には丁度よい季節なのかもしれません。

乾燥肌というのは、肌表面の皮脂が少なく、肌内部にも水分を保持する成分が体質的に少ない人のお肌の状態のことです。
乾燥肌の人は、乾燥するということから、様々な肌トラブルを併発しますので、要注意です。
もっとも多いのが、皮膚のかゆみです。
かゆくてかきむしってしまい、それが原因で皮膚の状態が悪化して、更にかゆくなります。
ひどい場合には、掻いた箇所に細菌が入り込み炎症が起きて、塗り薬が必要な状態になることもあります。

かゆいので、掻かずにいるのは難しいです。睡眠中など、無意識に掻いてしまうこともあるようです。

特に赤ちゃんや幼い子供は、ちょっと目を離したスキに皮膚の柔らかいお顔を、爪で引っ掻いていたりします。
爪を切ったり、手袋をつけたりも必要になってきます。

アトピーの場合は、もっと大変ですね。自分がアトピーではないので、実感としては分かりませんが、幼児ではなくても、掻いてしまうようです。うちの娘は、来年高校受験の中学生ですが、皮膚の皮がむけています。赤ちゃんの頃から軽度のアトピーで、いつ見ても、両方の腕の皮膚がむけて、痛々しいです。

アトピーの場合は、乾燥肌の一種かもしれませんが、体質改善や特別な治療法をお医者さんと相談して対処していくしかないですね。

肌の乾燥は顔、体の肌色の部分だけではなくて、唇も重要です。
笑った瞬間にピキピキ・・・・と唇が割れて血がでてしまったことはありませんか。乾燥肌でなくても、冬になると経験する人は多いのではないでしょうか。
そんな時リップクリームがちょうほうしますよね。でも、実はコレが曲者で、合成化学物質が色々入っているため、皮膚表面の保護膜が負けてボロボロになり、そこから前よりも沢山の水分が蒸発して悪化するようなケースもあります。あまり塗りすぎるのもよくないのですね。

同様に、顔から体を覆う皮膚の乾燥も、刺激があるもので洗浄してしまうと悪化することがあります。
使っている石けんの刺激性は大丈夫ですか?刺激の穏やかな石鹸を使うようにしましょう。シャンプーも洗い流す時に体にかかりますから、気をつけないといけません。
各自が自分に合う石鹸やシャンプーで肌を清潔にし、お湯から肌が出た瞬間から空気中に蒸発していくので、急いでお肌の水分補給と肌の保護膜を作る事が乾燥肌対策の基本となります。

肌の保護膜に近い成分でできているといわれているのが馬油です。
馬油もなるべく添加物の入っていないナチュラルなものを使いましょう。
肌が乾燥しなくなると、肌本来が持っている自然の力が十分に働くようになります。
眠っている間に、傷ついた肌に栄養が回り、肌が再生しますので、日常の乾燥肌対策に加えて、十分な睡眠も乾燥肌には欠かせません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。